マツダRX-VISION、なぜそれほど注目されるのか 自動車ファンの熱い想い

マツダを「東洋工業」と呼ぶファン

 古くからのロータリーファンは、いまだにマツダをロータリーエンジン開発当時の社名である「東洋工業」と呼び、ロータリーエンジンの部品を自宅に飾るほど、熱い想いを抱いているといいます。ロータリーエンジンの復活は、ファンたちにとって“悲願”なのです。

Large 151108 mazda 04
写真で見ると存在感があるが、実はコンパクトな「RX-VISION」(写真出典:マツダ)。

 今回発表されたマツダ「RX-VISION」、写真で見るとわりと大柄に映りますが、サイズ自体は全長4389×全幅1925×全高1160mmとコンパクト。“コンセプトカー”として登場しているため、この形のままでの市販化は考えにくいものの、マツダはスポーツカーの開発を継続する意向を示しています。

 FR(後輪駆動)、2シーターという“正統派スポーツカー”である、この「RX-VISION」。今後どのような形で市販化され、そして世界に勝負を仕掛けていくのでしょうか。期待して待ちたいところです。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

Writer: 大西紀江(ライター/編集者)

静岡・伊豆出身のライター、編集者。乗りものオタクの総本山ともいうべき某出版社の編集を経て、フリーランスに。以来、自動車を中心に模型から時計まで、幅広く執筆&編集を手掛ける。象の調教師の免許あり。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. ロータリー柔らかいのかよ!

  2. ローターの材質ではなく三角形の形状が柔らかい、丸みを帯びたという意味で述べたものです。多大な誤解を与え、不快なお気持ちにさせてしまったようで申し訳ございません。

  3. このままのフォルムで市販化期待します。
    フェラーリやコルベットに負けないカッコよさが有りますね。

  4. 個人的には、必然性の無い(デザインの為のデザイン)、無用に長いロングノーズは好きではない。何か間延びして見えるし、コーナーを警戒に回っていくイメージがわかない。デザインの為のデザインで無く、必然性のある(ロータリーのコンパクトさ)良いデザインにして欲しい。

  5. ロータリーエンジンのマツダがお送りした…ラジオの言葉が今でも耳に残っています。
    涙が出そう。ロータリーエンジンのマツダ 頑張れ‼️

  6. ロータリーエンジンのマツダがお送りした…ラジオの言葉が今でも耳に残っています。
    ロータリーエンジンのマツダ 頑張れ
    愛車CX5快適です。

  7. canadianpharmaciesbnt.com
    pharmacy cost comparison