JR東日本、JR九州の蓄電池電車をカスタム、秋田へ導入

JR東日本が、JR九州が投入を進めている蓄電池電車をカスタムし、秋田県の男鹿線へ導入します。

普通の電車が走れない場所でも

 2015年11月20日(金)、JR東日本秋田支社は「蓄電池電車」を新たに導入すると発表しました。

2両単位で編成を組むEV-E801系。最高速度は電化区間110km/h、非電化区間85km/h(画像出典:JR東日本秋田支社)。

 この新しい蓄電池電車「EV-E801系」は、線路上空に電気を供給する架線がある“電化区間”では一般的な電車と同様に走行。そして、一般的な電車は架線がない“非電化区間”を走ることはできませんが、EV-E801系は大容量蓄電池を搭載。架線がなくてもその電気を使ってモーターを回し、走ることができるという車両です。

 現在、こうした非電化区間ではディーゼルカーの使用が一般的ですが、蓄電池電車にすることによって、ディーゼルカーのエンジンから発生する排気ガスの解消、二酸化炭素や騒音の低減を実現できるといいます。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 烏山線用の車両は、自前でこしらえたくせに、何で、と思ったが、東日本と九州には、「関門トンネル」用車両に中古車の415系を融通する関係があった。(笑)

  2. 早くJR九州も実現していただいて活躍していただきたい。
    電化区間と乗り入れできて適度な距離の路線が多いし。

  3. 羽越本線のキハ40の置き換えにも適してるのでは?
    ここもほとんど交流区間なので