東京~新函館北斗間は最速4時間02分 北海道新幹線

JR北海道とJR東日本が、来年3月開業の北海道新幹線について、“最速達列車”の所要時間を発表しました。

東京~新函館北斗間で“4時間の壁”破れず

 JR北海道とJR東日本は2015年12月3日(木)、来年3月に開業する北海道新幹線について、最速達(最も所要時間が短い)列車の所要時間を発表しました。

 東京~新函館北斗間では、最速達列車の所要時間は4時間02分。また、新青森~新函館北斗間では1時間01分です。

151203 jrhokkaido 01
北海道新幹線に使用されるH5系新幹線(画像出典:JR北海道)。

 両社は「東北・北海道新幹線の停車駅、その他列車の運転時刻等の詳細な内容につきましては、別途お知らせいたします」としています。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 末吉史樹

小学校の校庭横をブルートレインが走り、上空をF4「ファントム」が飛ぶ環境で育つ。旅とグルメを愛し、各地の温泉やおいしい食べ物には目がない。

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. あと2分。
    上野・大宮通過で短縮出来るんじゃ・・・

  2. 今回の北海道新幹線開業で北斗星がなくなり函館に、はまなすがなくなり札幌に東京から夜行発で早朝着ができなくなりました。青函トンネルを通るので競争相手の夜行バスがないにも関わらずです。早朝着は飛行機でもできない手段です。毎度新幹線の開業で国内の移動がますます不便になると思うのですが、今回はどうしても合点がいきません。そのうえBトレたる四季島は、北海道に入るとの話。あまりにおかしな話。