今日1日限定、大阪で新幹線を制御 バックアップの第2総合指令所を使い

東海道・山陽新幹線の列車制御が12月5日、1日限定で大阪から行われています。またその制御を行う指令所では、東海道新幹線の環境に応じた措置がとられていました。

大阪にある新幹線のバックアップ施設

 2015年12月5日(土)、東海道・山陽新幹線の列車制御が、この日に限り大阪市内から行われました。

 通常、これら新幹線の列車制御はJR東海とJR西日本、また直通運転しているJR九州の3社が一体となって、東京都内にある「新幹線総合指令所」で行っていますが、地震などの大規模災害によりその指令所が使えなくなった場合、列車の運行に大きな影響が出る可能性があります。

 そこで、いわば“バックアップ”として1999(平成11)年、大阪市内に「東海道・山陽新幹線第2総合指令所」が設置されました。1995(平成7)年に発生した阪神・淡路大震災が、そのきっかけだったといいます。

151205 shinkansen 01
大阪にある“バックアップ”の「第2総合指令所」。壁面の「総合表示板」には駅名や運行状況などが表示されている(2015年12月5日、恵 知仁撮影)。

 12月5日(土)はそうした大規模災害が発生し、東京都内の指令所が使えなくなったことを想定。始発列車から最終列車まで、大阪市内にある「第2総合指令所」より列車制御が行われています。

 大阪市内にある「第2総合指令所」は、普段から電源が入れられた“待機状態”になっているとのこと。そして毎年1回、こうした“訓練”を行っており、今年で16回目といいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント