【今日は何の日?】漢字の画数が日本一の駅が開業

12月13日、漢字の画数が日本一の駅が開業しました。

 1934(昭和9)年の12月13日。使っている漢字の画数が日本一多い駅が誕生しました。「馬」を3つ書く五能線の驫木(とどろき)駅です。この「驫」という漢字、画数は30もあります。五能線(当時は五所川原線)の大戸瀬~深浦間が延伸開業したことに伴い、設けられました。

151213 todoroki 01
日本海の目の前にある驫木駅(地図出典:国土地理院)。

 青森県深浦町大字驫木にあるこの駅、五能線の車窓における大きな魅力「日本海」に面しており、一説によると、独特な駅名の由来もその海にあるとされます。「波の音に3頭の馬が驚いた」というものです。

 ちなみに「とどろき」駅はこのほか現在、東急大井町線の等々力駅(東京都世田谷区)があり、こちらは滝の轟く音などが由来とされています

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント