新幹線や超電導リニアも 映画『GO!GO!100のでんしゃ』2月公開

映画『けん太くんとてつどう博士のGO!GO!100のでんしゃ』が2016年2月に公開。「九州」「中・四国」「路面電車」「近畿」「中部」「関東」「SL」「東北・北海道」「新幹線」の9カテゴリーから多数の鉄道車両が登場します。

「ドクターイエロー」や超電導リニアも登場

 映画『けん太くんとてつどう博士のGO!GO!100のでんしゃ』(製作:ビコム)が、2016年2月13日(土)から全国70館のイオンシネマで公開されます。

 作品は「九州」「中・四国」「路面電車」「近畿」「中部」「関東」「SL」「東北・北海道」「新幹線」の9カテゴリーに分かれており、秋田新幹線E6系や北陸新幹線E7系、923形新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」などのほか、2015年に603km/hという、有人走行での世界最高速度を記録した超電導リニアが登場。各地を走るローカル電車も多数、その姿を見せるといいます。

新幹線や超電導リニアも含む日本各地の電車が登場する『GO!GO!100のでんしゃ』(画像出典:ビコム)。

 当日券は子供(3才以上中学生以下)が600円、高校生以上1000円。前売券は子供券(3才以上中学生以下)500円、親子券1400円です。スペシャル動画(15分)へのアクセスコードが記載された「新幹線のヒミツ」カードも、入場者プレゼントとして子どもを対象に、先着順で配布されます。

 映画を製作したビコムは「子供たちが電車を通して、色や形、数字や文字を覚えるきっかけとなるなど、知育的側面からも注目を集めている鉄道の世界を、映画館で気軽に体験出来る作品となっております」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント