2階から飛び降りた程度の着地 いま重要性増す陸自空挺部隊、その姿とは

いま陸上自衛隊の「第1空挺団」が、その重要性を増しています。なぜ、そうなっているのでしょうか。また「2階から飛び降りた程度」ともいわれるその内容、どんなものなのでしょうか。

鎌倉幕府が倒れたときから

 落下傘(パラシュート)が正常に開かない確率は、5000分の1。さらに、予備の落下傘も開かない確率が5000分の1。したがって25万回に1回、事故が起きる計算です。

 とはいえ、ちょうど鎌倉幕府が倒れた1333年から毎日1回飛び降りても1度しか事故は起きない、極めて低い確率。いま飛び降りても、まず死ぬことは考えられない……。そう理屈では分かっていても、あなたは1回の降下で支給される2800円の手当のために高度300メートル、200km/hで飛ぶ航空機から飛び降りることができるでしょうか。

 陸上自衛隊の習志野駐屯地(千葉県船橋市)。広大な習志野演習場へ隣接するこの駐屯地には、陸上自衛隊における最精鋭のひとつとして知られる「第1空挺団」が所在します。そして例年、1月の第2週にはこの習志野演習場で「第1空挺団 降下訓練始め」として演習を一般に公開。国民の自衛隊に対する理解、地域との交流を深めています。今年2016年も1月10日(日)、晴天に恵まれ多数の見学者を集めました。

160123 airborne 01
C-130H輸送機から連続降下する空挺隊員。13式空挺傘は衝突しても反発するため、短い間隔で次々降下できる(2016年1月、関 賢太郎撮影)。

 第1空挺団とはその名のとおり、「空挺作戦」を専門に行う陸上自衛隊で唯一の部隊です。

 この「空挺作戦」とは、航空機の速度性能を活かし、迅速に部隊を展開する任務を意味します。UH-1J、UH-60J、CH-47JAといった各種多用途・輸送ヘリコプターを活用して展開する「ヘリボーン」と、各種ヘリコプター並びに航空自衛隊のC-1・C-130H輸送機などによる「落下傘(パラシュート)降下」があり、特に「落下傘降下」は第1空挺団のみが実施することができます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. Me dull. You smart. That's just what I nedede.