道路の常識、不思議な日本 訪日外国人増加受けどうすべき?

増加する訪日外国人を受け、道路標識の変更を検討する動きがあります。実は日本の道路標識、外国人には混乱を招きかねないものがあるのです。日本の道路には世界的に見て独特で、不思議な現実があります。

外国人が混同しかねない日本の「止まれ」

「一時停止」を示す道路標識について、海外からの旅行者増加が見込まれる2020年の東京五輪に向けて外国人でも一目で分かるよう、警察庁が表示の変更を検討していると2016年1月、報道されました。

「止まれ」の標識は、日本では赤枠の逆三角形に日本語で「止まれ」と書いたものが1963(昭和38)年から採用されていますが、欧米などの八角形とは明らかに形が違い、外国人ドライバーが戸惑いやすいためです。

 1968(昭和43)年に成立した国際条約「道路標識及び信号に関する条約」が定めた「国連標識」では、「一時停止」は赤い八角形のなかに英語(国籍を超えて)で「STOP」と書いたものか、あるいは赤の円で赤の逆三角形を囲ったなかに「STOP」を書いたものの2種類が定められていますが、多くの国が八角形を採用しています。

 日本はこの条約を批准しておらず、どちらのパターンとも違いますし、そもそも多くの外国人には「止まれ」という日本語が読めません。

160124 sign 01
スイスのラウンドアバウト手前にある赤枠の逆三角形標識は「道を譲れ」。一時停止ではないので、クルマが来ないのに止まると後続車は驚く(2014年10月、清水草一撮影)。

 実は日本の「止まれ」(赤地の逆三角形)は、国連標識の「道を譲れ」(赤枠の逆三角形)によく似ています。「道を譲れ」には一時停止の義務はないので、これと混同した外国人ドライバーが、一時停止をせずに進行する可能性は十分あります。

 日本は非常に一時停止の多い国です。警察庁によると、一時停止標識は全国で約170万カ所あるとのことですが、道路が狭く人口密度の高い日本では、「止まれ」の標識は非常に重要です。この一番大事な標識が国際基準とかけ離れているのは問題が大きい、というわけです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. まあね。自国民にもわざとわかりにくい標識掲げてネズミ取りやるような国ですからね。

  2. 国際標準だからと言う理由だけでの変更はいささか乱暴だ、
    訪問する外国人が合わせるべきであり、合わせられないなら
    訪問のしていただけなくて結構です位言った方が良いだろう。

    航空業界だって単位にフィートを使っている
    指摘・改善するならこちらが先だろう。

  3. 筆者は日本の交通標識は”鎖国的”だと指摘していますが、これは他国と国境を接しており、車で行き来が可能な欧米諸国には、交通標識や数字による分かりやすい道路表記が必要であり、逆に欧米諸国が”開国的”であるといえます。日本は他国と国境を接しておらず車直接外国と行き来をする人はいません。よって今まで外国と交通標識を合わせる必要が薄かったと考えられます。
    東京オリンピックで外国人観光客の増加が見込まれますが、あくまで一時的な増加に過ぎないため、交通標識の変更といったハード面での対策よりは、日本独自の交通標識や、さらには独自の運転マナーなども含めて、訪日外国人に周知するための、ソフト面での対策に重点を置く方がよいと思います。
    また、近年の観光客の増加が指摘されていますが、多くが台湾や中国といった漢字圏からの観光客ではないでしょうか。そうした方にとっては『東名』や『東北』といった漢字もある程度読み分けられますのであまり問題にはならないように思います。

  4. 私は高速道路にも番号を振るべきと思います。都市高速は既に対応されております。不慣れな大都市に行った時、日本人の旅行者にも親切と感じています。

  5. 高速道の番号付けは良いと思う。ところで、一般国道については番号があるとは言うが、その番号付けをシンプルに判りやすく改善して欲しい。
    同じ道に二つの番号が付いていたり、途中で消滅したと思ったらはるか彼方の土地で同じ番号が出たりして非常にややこしい。バイパスができても旧道の番号を変えるでもなく新道と同じ番号のままだったりする。
    たぶん道路の番号付けがドライバへの情報提供はついでに過ぎず、もっぱら道路管理するお役所の区分番号だからだろう。