上空でテレビ視聴も可 国内線でWi-Fiサービス開始 ANA

ANAが国内線でWi-Fiサービスを開始。有料のインターネット接続ほか、無料のリアルタイムテレビ視聴、電子書籍閲覧などのサービスが提供されます。

当初は羽田発着の千歳・福岡・沖縄線を中心に

 ANA(全日空)が国内線の機内で2016年1月25日(月)から、「ANA Wi-Fiサービス」を開始しました。

 フライト中にスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの無線LAN対応端末でインターネットなどを利用できるほか、リアルタイムでテレビ番組を無料視聴できる「ANA SKY LIVE TVサービス」も国内線で初めて導入されます。

 リアルタイムで視聴可能なテレビチャンネルは「日テレジータス」「日テレ NEWS24」「スカサカ!24時間サッカー専門チャンネル」の3つです。

160122 ana 01
対象機材の機内入口に掲出される「ANA Wi-Fiサービス」のロゴ(画像出典:ANA)。

 この「ANA Wi-Fiサービス」ではそのほか、ビデオやオーディオの番組、ANA機内誌や雑誌、観光書、コミックといったの電子書籍、ショッピングサイト「ANA STORE@SKY」、テキストニュースなどを無料で利用することができます。

 ただ、これらエンターテイメントコンテンツは無料ですが、インターネットへの接続は有料です。40分プラン(550円)とフルフライトプラン(1050円)が用意されています。

 サービス対象機材とクラスは、B777・B787・B767・B737・A320の全クラス。2017年度末までに合計約100機へサービスが導入される予定で、ANAは「今後もお客様に空の旅を楽しんでいただく様々なサービスを導入してまいります」としています。

 なお、サービスは羽田発着の千歳・福岡・沖縄線を中心に開始され、1月25日時点での対象機材はB777-300型機1機です。またQ400型機ではビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍サービスのみが提供され、B737-500型機、B737-700型機はサービスの対象外になります。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント