「普通列車のスーパーカー」登場30周年、「アルファ」塗装変更 伊豆急

「普通列車のスーパーカー」として

 伊豆急行の電車「リゾート21」シリーズは先述のとおり、1985(昭和60)年に「初代」がデビュー。車窓に現れる相模灘などの風景をより楽しめるよう、「前面展望席」や「海を向いた座席」といった構造を持っているのが大きな特徴です。「各駅停車のスーパーカー」として登場し、その名の通り、基本的に普通列車として運行されてきました。

Large 160211 resort21 02
「リゾート21」らしい「トリコロール」と「左右非対称」を取り入れた期間限定の新塗装(画像出典:伊豆急行)。

「リゾート21」シリーズは現在、この「アルファ・リゾート21」を含め3編成が活躍中です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント