整然と定位置に 駐車アシスト技術から自動イス開発 日産

クルマの駐車アシスト技術から着想を得たという、自動で“定位置”へ戻るイスが登場しました。

360度、どこへでも移動可能

 日産自動車は2016年2月15日(月)、クルマに搭載している自社の最新技術から着想し、自動で元の位置へ戻るイスを開発したと発表しました。

 この「INTELLIGENT PARKING CHAIR」は、日産の「エクストレイル」に搭載されている自動でハンドルを操作し駐車する技術「インテリジェントパーキングアシスト」から着想を得て、開発されたもの。ローラーを内蔵した脚部により自動操舵でどの方向にも移動できるイス本体と、イスに向けて移動位置を指示するシステムから構成されています。

160216 nissan 01
駐車アシスト技術からの着想で誕生した、自動で“駐車”するイス(画像出典:日産自動車)。

 具体的には、このイスを導入した会議室などの天井四隅に、位置をモニタリングする感知器を設置。そこから得られる「トップビュー」を無線でイスへ伝えることにより、あらかじめ指示した“駐車場所(定位置)”へ移動させる仕組みといいます。

「メカニズムの詳細は異なりますが、『トップビューから位置を分析する』『自動操舵により正確に移動位置をコントロールする』といった基本コンセプトは『インテリジェントパーキングアシスト』と同様です。なにより、人の手を煩わせることなく整然とイスが定位置に収まる驚きと快感は、日産が提供する車両搭載技術と同じ感覚を得られます」(日産自動車)

 このイスは2月19日(金)から23日(火)まで、日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)で展示されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント