海軍型は岩国に配備見込み 「オスプレイ大国」になる日本

すでにアメリカの海兵隊、空軍で導入されている輸送機「オスプレイ」。同海軍も導入し、岩国(山口県)へ配備される見通しです。また、陸自も導入を予定。日本は世界でも希有な「オスプレイ大国」になりそうです。

空母への人員、貨物、手紙の輸送といった役割を

 アメリカ海軍は2016年2月3日(水)、44機を2020年より導入する予定である海軍型のベル・ボーイングV-22「オスプレイ」に対し、新たにCMV-22Bという制式名称を与えたと発表しました。

160220 cmv22 01
米海兵隊型の「オスプレイ」MV-22B(写真出典:アメリカ海兵隊)。

 海軍型「オスプレイ」CMV-22Bは、ノースロップ・グラマンC-2A「グレイハウンド」艦上輸送機の後継機として、2015年に導入が決定されていました。

 C-2Aは、アメリカ海軍の航空母艦(現在10隻保有)と陸上飛行場とのあいだにおける人員や貨物、手紙の輸送を行うCOD(艦上輸送)任務のため、E-2「ホークアイ」艦上早期警戒機を原型に、貨物室を設けた輸送機です。

 このC-2Aは、ちょうど50年前の1966(昭和41)年に導入が開始され、1980年代にその後継機として再びC-2Aが生産されました。今回もまた再々生産が提案されていましたが、それを破って海軍形「オスプレイ」CMV-22Bが採用されています。

 CMV-22Bは、ヘリコプターの垂直離着陸能力と飛行機の高い巡航性能を併せ持つ「ティルトローター機」であるがゆえに、C-2Aでは不可能であった空母以外の艦船に対する輸送任務など、多用途に活躍できることが高く評価されました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント