スターフライヤーきょう就航10周年 モダンな機体をイメージした新制服導入

きょう就航10周年を迎えたスターフライヤーが、それを記念し制服をリニューアルすると発表しました。

ワンピースやベストも加わり着こなしが多様化

 2006年(平成18年)3月16日に、北九州~羽田線から就航したスターフライヤー。同社はきょう2016年3月16日(水)、それから10周年になることを記念して、客室乗務員と空港グランドスタッフの制服をリニューアルすると発表しました。

160316 starflyer 01
10周年を記念し導入される新制服の着用イメージ(写真出典:スターフライヤー)。

 新制服のコンセプトは、スターフライヤーのモダンな機体をイメージし、ゆるやかな曲線を取り入れたという「Streamline design」。モノトーンを曲線で表現した美しいフォルムと、シンプルでありながらも存在感を与える上品でエレガントなデザインが特徴といいます。ワンピースやベストなどを新たに導入することで、着こなしの多様化も図られました。

 また同社によると、「様々なシーンで“SFJらしいホスピタリティ”を感じていただけるよう」、この機会に客室乗務員と空港グランドスタッフの制服を統一するとのこと。新制服の着用は2016年12月からの予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント