ヘリンボーン式を新ビジネスクラスに採用 弱点を工夫で克服 JAL

JALが「ヘリンボーン式」を採用した、新仕様のビジネスクラスを導入します。この方式には弱点もあるのですが、ある工夫によって克服されました。

座席を斜めに配置する「ヘリンボーン式」

 JAL(日本航空)は2016年3月25日(金)、国際中長距離路線に導入するビジネスクラスの新しい座席「JAL SKY SUITE III」を報道陣に公開しました。

 従来の「JAL SKY SUITE」シリーズは座席配置が通路と並行ですが、今回新たに登場する「III」は通路に対して斜め向きの「ヘリンボーン式」配置であることが特徴です。面積効率と居住性から採用したといい、実際、ベッドの最大幅はシリーズで最も広い約74cmが確保されています。

160325 jalskysuite 01
座席を斜めに配置した「ヘリンボーン式」の「JAL SKY SUITE III」(2016年3月、太田幸宏撮影)。

 この「JAL SKY SUITE III」は、イギリスのZodiac Seats UK社が製造。ボーイング777-200ER型機(全11機)で採用され、2016年7月に羽田~バンコク線で登場するのをはじめ、2017年度にかけて羽田~シンガポール・ホノルル線でも導入が進められます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント