「最強戦闘機」F-15、実戦配備40周年 いまだ空中戦の被撃墜ゼロ

「黄金の鷲」へ進化、沖縄でにらみを利かせるF-15

 そんな「最強戦闘機」も寄る年波には勝てず、特に新型戦闘機F-35の実用化が目前(垂直離着陸型のみ実用化済み)であることから、F-15は売れなくなってきました。恐らく数年のうちに量産は完了する見込みです。

Large 160401 f1540th 03
現在も輸出向けに生産されている、対地攻撃能力が強化されたF-15E「ストライクイーグル」(写真出典:アメリカ空軍)。

 しかし現役機はまだ当分、第一線に残り続けるでしょう。現在、沖縄の米・嘉手納空軍基地には、F-15「ゴールデンイーグル」と呼ばれる改良型が配備されています。「ゴールデンイーグル」は、新世代の「AESAレーダー」への換装といったアップグレードが施され、「極東における最強の戦闘機」であり続けています。

「ゴールデンイーグル」は、航空自衛隊のF-15(F-15MJ)の性能をさらに向上させるにあたり、ひとつの目安になるでしょう。F-15は大きな機体がゆえに、新たな電子機器を搭載するといったアップグレードがしやすく、まだまだ性能を向上できます。

 F-15はもはや、「最強戦闘機」ではないかもしれません。しかし今後も「強い戦闘機」であり続けることは十分に可能です。

【了】

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 「master armがgardされてるのにミサイルが発射された!」
    いつものACM訓練だったあの日、航空自衛隊で「戦後初めて有人機を撃墜した男」と「創設以来、初めて撃墜された男」が誕生した。

  2. F15がF22との訓練でワンサイドキルでガンガン落とされる現実を知ってるのに
    あえて無視してるのは何でや。今となっては「最強では無い」は確定した事実だろ。

    • 最後に’「最強戦闘機」ではないかもしれません。しかし今後も「強い戦闘機」であり続けることは十分に可能です’と書いてあります.
      タイトルだけしか見てないとか,無いですよね.