胸のカメラで現場を撮影、対応迅速化へ 羽田空港で警備の実証実験

羽田空港で、巡回警備員が胸にカメラを装着する実証実験を開始。本部でのすばやい実態把握や緊急対処が可能となります。

現場の把握がリアルタイムで可能に

 セコムと東京国際空港ターミナルは2016年4月11日(月)、羽田空港国際線旅客ターミナルで、身に付けるタイプのカメラ(ウェアラブルカメラ)8台を導入した警備の実証実験を、4月から行うと発表しました。

160413 hanedakeibi 01
ウェアラブルカメラを装着した巡回警備員(写真出典:東京国際空港ターミナル)。

 カメラは巡回警備員の胸に装着。警備の現場で何らかの問題が発生したとき、カメラの映像が警備本部のモニターにリアルタイムで表示されます。これにより現場の状況を即座に確認し、早期の実態把握と対応指示が可能になるといいます。

 また、巡回警備員の位置情報もリアルタイムで把握できるため、事件・事故発生現場への緊急対処もスピーディーに行えるとのこと。

 2社は「テロなどの事件・事故を防ぐため、より高度で機動性の高い警備が重要」としており、ウェアラブルカメラについては実証実験の状況を踏まえ、本格導入を図る方針です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント