京急電車に自転車そのまま積み込みOK 三浦へ特別列車運行

自転車を折りたたまずに電車に積み込み、三浦半島にサイクリングに行ける特別列車「京急サイクルトレイン」が運行されます。

およそ50kmのコースをサイクリング

 京急電鉄は2016年4月21日(木)、自転車を折りたたまずにそのまま電車に積み込める特別列車「京急サイクルトレイン」を、5月15日(日)に運行すると発表しました。

 同社によると三浦半島ではサイクリストの誘致を積極的に行っており、今回の特別列車の運行も「遠くて三浦半島まで走りに行けない」という人に往復の足を提供することで、現地の魅力を知ってもらうことを目的としています。

「京急サイクルトレイン」の運行区間は往路が品川~三浦海岸間、復路が浦賀~品川間です。三浦海岸駅(神奈川県三浦市)に到着後、10人程度のグループに分かれてサイクリングに出発。各グループにはスタッフが1人付き、浦賀駅(神奈川県横須賀市)までおよそ50kmのコースを走ります。昼食は参加費に含まれている「まぐろ料理食事券」の対象店舗で楽しめる、三崎のまぐろ料理です。

160425 kikyucycle 01
品川~三浦海岸・浦賀間の「京急サイクルトレイン」往復とサイクリング、まぐろ料理がセット(写真出典:京急電鉄)。

 参加費は大人7000円・小児6500円。電車の往復乗車券、「まぐろ料理食事券」、ガイド付きサイクリングのセットです。定員は70人。参加は事前申し込み・先着順で、4月25日(月)から5月8日(日)18時まで受け付けが行われますが、定数に達し次第締め切られます。対象者は小学生以上でコースを完走する走力のある人。中学生以下は保護者の同伴が、満20歳未満の人は親権者の同意が必要です。また、かご付き自転車も参加できないとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント