駅や列車を笑顔に 「すまいるえきちゃん、れっちゃくん」、JR四国に誕生

JR四国にイメージキャラクター「すまいるえきちゃん、れっちゃくん」がデビューします。コンセプトは「駅や列車を笑顔に変えてしまう魔法の妖精」です。

駅キャラクターの集大成としてデビュー

 JR四国は2016年4月25日(月)、同社のイメージキャラクターとして「すまいるえきちゃん、れっちゃくん」がデビューすると発表しました。

 2017年4月~6月に開催される「四国デスティネーションキャンペーン(DC)」に向けて作られたもので、JR四国は「駅キャラクター『SHIKOKU SMILE STATION』にリンクしたキャラクターである『微笑みの妖精』が、魔法で駅や列車を笑顔に変えてしまうコンセプトとしました」としています。

160427 jrschara 01
JR四国に登場するイメージキャラクター「すまいるえきちゃん、れっちゃくん」のデザインイメージ(画像出典:JR四国)。

「SHIKOKU SMILE STATION」はJR四国の51の駅をキャラクター化したもので2013年に登場。同社によると「『安心して、喜んで、末永く』ご利用いただけけるよう『笑顔』と『おもてなしの心』でお客様をお迎えする気持ち」をデザインしたサービスシンボルです。

「すまいるえきちゃん、れっちゃくん」はこの駅キャラクターの「集大成」という位置付けで誕生。5月11日(水)開催の、旅行会社やJRグループ関係者らが集まる「四国DC全国宣伝販売促進会議」で着ぐるみが初披露され、今後も社内イベントなどで活用されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント