台湾特急デザイン「りょうもう」の記念乗車券、6月17日発売 東武

東武鉄道が特急「りょうもう」の1編成を、台湾鉄路管理局(台鉄)の自強号「普悠瑪」のデザインに変更。2016年6月17日の運行開始を記念し、同日、38駅などで記念乗車券を発売します。

きっぷと台紙が一体に

 東武鉄道は2016年6月2日(木)、「東武鉄道×台湾鉄路友好協定締結記念 りょうもう号記念乗車券」を6月17日(金)から発売すると発表しました。

 このきっぷは特急「りょうもう」用の200系電車1編成が、台湾鉄路管理局(台鉄)の特急に相当する列車である自強号「普悠瑪(ぷゆま)」のデザインに変更され、発売日と同日の6月17日(金)から運行されることを記念するものです。「普悠瑪」デザインの「りょうもう」車両があしらわれた台紙と3枚の乗車券が一体になっているのが特徴。紙は「硬券」と呼ばれる厚紙が使用されます。

160603 toburyoumou 01
台紙ときっぷが一体になっている「東武鉄道×台湾鉄路友好協定締結記念 りょうもう号記念乗車券」のイメージ(画像出典:東武鉄道)。

 値段は1セット1000円(税込)。発売数は2000セットです(1人5セットまで購入可)。東武鉄道の浅草、北千住、館林、太田、伊勢崎、新桐生、佐野駅をはじめとする38駅などで、7月31日(日)まで販売されます(売り切れ次第終了)。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント