ハチ公広場の大階段にエスカレーター設置へ 渋谷駅バリアフリー化を推進

渋谷駅のハチ公広場に設けられた「出入口8番」の大階段に、上りと下り両方向のエスカレーターが設置されます。使用開始は2017年春ごろの予定です。

ほか2か所にもエレベーター、エスカレーターの設置を検討

 東急電鉄は2016年6月16日(木)、渋谷駅のハチ公広場に設けられた「出入口8番」の大階段に、上りと下り両方向のエスカレーターを設置すると発表しました。バリアフリー化を推進するため、渋谷地下街(株)の協力のもと整備されます。使用開始は2017年春ごろの予定です。

160616 tokyuhachiko 01
「出入口8番」におけるエスカレーターの設置イメージ(画像出典:東急電鉄)。

 また、スクランブル交差点を渡った先にある「出入口6番」と地下2階コンコースの道玄坂改札口付近を結ぶエレベーター、および、ハチ公改札口前のエレベーター新設についても、2016年度の着工を目標に検討が進められます。

160616 tokyuhachiko 02
エスカレーターとエレベーターの整備イメージ。赤点線で囲われた場所に設置が検討されている(画像出典:東急電鉄)。

 東急電鉄は今後も設備、サービスの両面からさらなるバリアフリーに、積極的に取り組んでいくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント