「地下鉄の踏切」に父の日特別列車 国内唯一 渋谷車庫進入も 東京メトロ

線路側にも遮断機がある銀座線らしい理由、そして珍しい終着駅

 なぜ日本唯一である「地下鉄の踏切」は、線路側にも遮断機が設けられているのでしょうか。そこには地下鉄のトンネル内に人や動物などが侵入することを防ぐ、ということのほか、“銀座線ならではの理由”があります。

Large 160619 metro 03
線路側にも遮断機が設置されている「地下鉄の踏切」(2016年6月19日、恵 知仁撮影)。

 一般的な電車は、屋根上に搭載するパンタグラフを使い、線路上空に張られた架線から、走行に必要な電気を取り入れます(架空電車線方式)。しかし銀座線は、電気の供給源が架線ではなく、線路脇にある3本目のレール(サードレール)。車輪部分にある「集電靴」という部品をそのサードレールに接触させることで、必要な電気を取り入れています(第三軌条方式)。

Large 160619 metro 04
線路の脇に延びているのが、電気が流れているサードレール(2016年6月19日、恵 知仁撮影)。

 つまり銀座線は線路の脇、すなわち地上付近に直流600ボルトの電気が流れており、線路に人が侵入した場合の危険度が通常の踏切より高いことから、線路側にも遮断機が設けられ、厳重に管理されているのです。線路側の遮断機に書かれている「高圧通電中 危険」という文字は、そうした銀座線の「第三軌条方式」を象徴するものといえるでしょう。もちろん、「地下鉄の踏切」の道路と交差する箇所ではサードレールが部分的に途切れているため、感電の危険はありません。

 ちなみに「第三軌条方式」は高速走行に向かないなどのデメリットがありますが、上空に架線を通す必要がないため、トンネルのサイズを小さくできる(建設費が安い)といったメリットがあります。

Large 160619 metro 05
普段は降りることができない「幻の新橋駅」が終点(2016年6月19日、恵 知仁撮影)。

 またこの「父の日」に運行された、「地下鉄の踏切」経由の上野車両基地発「メトロワンダフルトレイン」は、渋谷駅の先にある車庫まで走行。そこで折り返し、車内で子どもたちが「ありがとうカード」を父母へ手渡したのち、終着駅の「幻の新橋駅」に到着しています。1939(昭和14)年に誕生するもわずか8か月しか利用されず、当時の雰囲気を残したまま車庫などに使われてきたことから、「幻」と呼ばれている新橋駅のホームです。年に一度のこの日、始発駅も終着駅も“特別”な列車でした。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント