鉄道資源を観光資源に 幌延で「秘境駅フェスタ」開催

宗谷本線が走る道北の幌延町が2016年9月10日と11日、「秘境駅フェスタ 2016 in ほろのべ」を開催。鉄道資源を活用し、町おこしを図ります。

「秘境駅弁」の販売、もちまき、記念タオルの配布も

 2016年9月10日(土)と11日(日)、北海道幌延町が「秘境駅フェスタ 2016 in ほろのべ」を開催します。

「秘境駅の里『ほろのべ』」として鉄道系資産を観光資源にし、交流人口の増加、雇用創出を目指しているという幌延町。地域住民に鉄道資源の価値を認識してもらうこと、鉄道による町おこしに加わってもらうこと、また全国の鉄道ファンに同町の取り組みを応援してもらい、「幌延ファン」を獲得するため、この「秘境駅フェスタ」を開催するそうです。

160908 horonobe 01
最北の街、稚内に近い幌延町で開催される「秘境駅フェスタ 2016 in ほろのべ」(画像出典:幌延町)。

 開催場所は、10日(土)が宗谷本線の雄信内駅に設けられる特設会場と「幌延深地層研究センター」で、11日(日)は雄信内駅特設会場のほか、町内でフィールドイベントを実施。ホリプロのマネジャーで鉄道ファンとして知られる南田裕介さん、「女子鉄アナウンサー」の久野知美さんらによるトークショー、雄信内駅での「秘境駅駅弁」販売などが行われます。

 なお9月8日(木)現在、宗谷本線は雨の影響により音威子府〜幌延〜稚内間で運転が見合わされていますが、これにともない稚内、音威子府方面から臨時無料バスが運行される予定です。

●秘境駅フェスタ 2016 in ほろのべ
http://www.town.horonobe.hokkaido.jp/www4/section/sangyo/le009f000001a1tg.html

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント