まるでCG? 異形の駆逐艦「ズムウォルト」まもなく就役 特異な姿、背景にその任務

2016年10月、これまでの水上艦とは一線を画す姿をした、アメリカ海軍の駆逐艦が就役します。まるで、ひと昔前のCGがそのまま実物になったようでもある異様な形、背景にはその艦の任務がありました。またその姿、日本でしばしば見かけるようになるかもしれません。

任務に必要なステルス性

 アメリカ海軍の最新鋭ミサイル駆逐艦「ズムウォルト」が2016年10月15日(土)、就役します。

 この「ズムウォルト」は、何もかもが異様です。海に浮かぶその姿は、ひと昔前の低予算映画におけるCGかと思えるようなもので、不気味さすら感じさせ、まるでこの世のものとは思えません。

161003 zumwalt1 01
「ズムウォルト」の異様な姿。アメリカ海軍では「誘導ミサイル駆逐艦(guided - missile destroyer)」と分類されている(写真出展:アメリカ海軍)。

 その不可思議なシルエットは、レーダーによって探知されにくいよう、ステルス性を強く追求したがゆえの結果です。「ズムウォルト」は、大きな脅威にさらされる可能性の高い敵地の沿岸近くに展開し、内陸部へ対してその火力を叩き込むことに特化した艦艇。その姿を「見せない」ようにすることで、生存性を確保する必要があったのです。

 本来「ステルス」とは、相手に発見されにくいようにする技術やメカニズムを意味します。よって古くからある「迷彩塗装」も、立派なステルスのひとつです。現代の艦艇は、海上で背景へ溶け込みやすい灰色を基調とした塗装が施されていますが、これも単なる灰色ではなく、海域によって微妙に異なる海の色にあわせて、ライトグレーであったりもう少し暗い色調だったりと、国によってさまざま。かつてレーダーがまだ未発達な時代には、敵の目視照準を妨げるために、錯視を引き起こしやすいゼブラ柄の迷彩なども行われました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. こんな感じの乗務員女子だらけな艦が活躍するアニメがあったような。
    実物?はまだなかったんですね。

    • 皮肉にも潜水艦では実現しそうですが。

  2. 1頁>本来「ステルス」とは、相手に発見されにくいようにする技術やメカニズムを意味します。
    3頁>「ズムウォルト」は日本へ 各地で見られる可能性も

    くすくす

  3. 古のワシントン海軍条約(本来単にワシントン条約。ただし同名別内容の存在を考慮してあえて海軍を追記)なら、基準排水両の時点で立派な主力艦。ロンドン海軍条約(こちらも本来ロンドン条約)なら主砲の口径で軽巡洋艦扱い。いずれにしても駆逐艦という艦種は妥当ではない。ついでに短魚雷もCIWSもないし乗員も少なくダメージコントロールも機械頼りだし、上部構造物がプラスチックだから被弾や被雷の際どうなるかわからない。少なくとも単艦行動は極めつけに危険、という意味でも駆逐艦という名前は不当。あえて当てはめるならかつて存在した火力支援艦(LSF-1キャロネードのみ)とすべき。