シベリア鉄道、すでに日本に上陸済み? それが由来という謎多き菓子

2016年10月、その完成から100年目にして、ロシアから持ち上がったシベリア鉄道の日本延伸計画。しかし日本には100年以上前から「シベリア鉄道」が“上陸”していたようです。

青森の「シベリア」

 2016年10月、シベリア鉄道を延伸し、サハリン経由で北海道までつなぐよう、ロシアが日本政府に対し要望していることが明らかになりました。折しも10月5日(水)に、現在の形が完成し100年目を迎えたシベリア鉄道、このプランが実現すれば、日本からヨーロッパまで鉄路でつながることになります。

 その実現可能性については不明ですが、シベリア鉄道が由来という、その名もずばり「シベリア」というお菓子が、実はすでに日本へ“上陸”しています。

パッケージに鉄道車両と「シベリア鉄道由来」が書かれている工藤パン(青森市)の「シベリア」(写真提供:工藤パン)。

 青森市に本社を置く工藤パンは、同社の商品「シベリア」の由来について、「シベリア鉄道の線路に見立てているという説です」といいます。パッケージにもそれを色濃く反映させており、「シベリア鉄道由来」を紹介するほか、きっぷ列車のイラストをもあしらっています。

 この「シベリア」、基本的にはあずき餡ベースのようかんをカステラで挟んだもので、「東日本を中心に広くされている」といわれるお菓子ですが、実は先に「シベリア鉄道の線路に見立てているという“説”です」とあるように、その起源は諸説存在しているのです。

1 2 3 4

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 工藤パンのシベリア食べたいがヤマザキパンは要らぬ!

  2. 生粋の西日本人なので映画「風立ちぬ」で始めて知りました。
    なので由来はおろか、まだ売っている事すら知りませんでした。地域差ですね。

  3. かつて,青森までシベリア鉄道を延伸する話があったのです.
    スラブロシアの対極東政策.シベリア軍が青森を視察,青森の食環境が思っていた以上にひどかったので,シベリア名物のパンを配給し始めたのです.すると,靖国(ハルピン)が烈火の如く猛抗議,スラブロシアは,シベリア鉄道の話の御破算と靖国(ハルピン)への援助金を打ち切ったのです.

  4. この前横浜市内のスーパーで工藤パンのシベリアを見かけたが、
    ヤマザキのサンカクじゃないシベリアデラックスのリニューアルかと
    思ったのは、ヤマザキのOEM会社だからかな?