「高速バス&カーシェア」が新しい旅の手段に? 遠鉄、タイムズ社会実験開始

【写真】「赤電」とも呼ばれる遠州鉄道

Large 161104 bustoshare 03
浜松市内を走る遠州鉄道は、電車の色が赤いことから「赤電」とも呼ばれる(2009年4月、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の写真一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 昔から高速バスの途中バス停での乗降って、そこまでの交通機関が殆どない事例が多くて皆さんどのように利用しているのか疑問だった。この路線に限らず、郊外に多い(高速道路上)途中バス停の付近にも提携駐車場は必須であり、それによって利用者増大も見込みる筈ですよね!