金色の豪華列車「四季島」、本番想定の試運転開始 きょうは「ワインの里」へ

JR東日本の豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」が、いよいよ本番を想定したプランで試運転を開始。甲府盆地に現れました。どんな旅を楽しませてくれるのでしょうか。想像してみました。

実践的な試運転が始まった「四季島」

 2017年5月1日のデビューを予定している、JR東日本の豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)」。いよいよ2016年12月より、「本番」を想定したプランで試運転を開始しました。

161210 shikishima 01
中央本線の塩山駅へ滑り込む「四季島」。青函トンネルも走行できる(2016年12月10日、恵 知仁撮影)。

 冬晴れの12月10日(土)。雪化粧した南アルプス、そして富士山が見守るなか、金色の車体を輝かせながら、「四季島」が甲府盆地の塩山駅(山梨県甲州市)に到着しました。

「四季島」は2017年春から秋に計画されている「1泊2日コース」で、山梨県を経由。そのコースで東京・上野駅を旅立ったのち最初に立ち寄る場所が、この塩山駅です。同駅から2台のバスに分乗して、観光を楽しみます。「四季島」の定員は34人です。

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント