東京の木材で戸越銀座駅「木になるリニューアル」 その目的・効果は 東急

【写真】東急のレア車両「きになる電車」

Large 161211 togoshi 03
1編成だけ存在し、東急池上線と多摩川線で運転されている、往時の電車塗色を再現した「きになる電車」。車内は木目調で、つり手も木製(2016年12月11日、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 紺と黄色の車両って、小田急の旧塗装に似ていますよね。
    小田急も東急も元々は大東急だったからかな?