札幌~道東の鉄路復旧 台風で不通の石勝・根室本線、12月22日運転再開

2016年8月の台風で不通になっていた石勝・根室本線のトマム~芽室間が、年末年始の多客期、本格的な冬の到来を前に復旧。札幌方面と道東を結ぶ交通状況が大きく改善される見込みです。

現在は臨時列車と代行バスの乗り継ぎ

 JR北海道は2016年12月14日(水)、台風の影響で不通になっている石勝・根室本線のトマム~芽室間について、12月22日(木)の始発列車から運転を再開すると発表しました。

 同区間では2016年8月31日の台風で、橋りょうや路盤が流出。特急「スーパーおおぞら」(札幌~釧路)、特急「スーパーとかち」(札幌~帯広)などの列車が運転できない状態になっていました。

161214 sekisyonemuro 01
運転を再開する特急「スーパーおおぞら」(2007年2月、恵 知仁撮影)。

 JR北海道によると懸命の復旧工事を行った結果、応急復旧の目途がついたことから、運転を再開するとのこと。これにより年末年始の多客期、本格的な冬の到来を前に、札幌方面と帯広や釧路といった道東方面を結ぶ交通状況が大きく改善される見込みです。

「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」の特急券などは、12月15日(木)の営業開始より発売を再開。また、現在行われている臨時列車、代行バスの運転は12月21日(水)で終了する予定です。

 なおJR北海道は、今後の進捗(しんちょく)状況によっては運転再開時期を変更する場合もあり、その際は改めて案内するとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント