日常に強い小田急ロマンスカー「EXE」が進化、「EXEα」に 唯一無かったロマンスカー

小田急「ロマンスカー」のうち30000形電車「EXE」はある賞を唯一、受賞していません。しかし一定の評価があり、その能力が登場から20年を迎えて“進化”。快適性などが向上します。

唯一「なかった」ロマンスカー

 小田急電鉄が2016年12月15日(木)、唐木田車両基地(東京都多摩市)で30000形電車「EXEα(エクセ アルファ)」を報道陣へ公開しました。1996(平成8)年にブロンズ色の外装、「EXE(エクセ)」という車両の愛称で登場した特急用車両30000形をリニューアルしたものです。

161215 exe 01
登場から20年を迎え、リニューアルされた30000形「EXEα」(2016年12月15日、恵 知仁撮影)。

 この30000形「EXE」は「ロマンスカー」車両で唯一、「あること」がなかった車両です。

「ロマンスカー」と呼ばれる小田急電鉄の特急は、箱根などへの観光特急という側面があり、非日常的な展望席構造を持つ車両も存在。それが小田急のシンボルにもなっています。

 しかし「ロマンスカー」は、通勤などの輸送も大きな任務。展望席構造など「ロマンスカー」に観光のイメージが強かったなか、日常的な需要にも応えるため1996(平成8)年にデビューしたのが、この「EXE」です。展望席構造は採用されず、かんたんにいえば観光でも通勤でも利用できる汎用(はんよう)的な特急車両として登場しました。

 ですがこの「EXE」だけ、「ブルーリボン賞」を受賞できませんでした。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント