東海道新幹線、あす12月18日に一時運転見合わせ 16インチ(約41cm)米艦砲弾処理で

2016年12月18日、JR東海の浜松工場で見つかった不発弾の処理で、東海道新幹線と在来線の東海道本線が一時、運転を見合わせます。このJR浜松工場はかつて、攻撃の目標になっていました。

最大で40分程度、遅れる見込み

 2016年12月18日(日)、東海道新幹線で一時、運転が見合わせられます。沿線にあるJR東海の浜松工場(静岡県浜松市)で発見された不発弾の処理にともなうものです。

161217 hamako 01
浜松工場では、JR東海の新幹線車両が定期的に「全般検査」という大掛かりな検査を受けている(2016年7月、恵 知仁撮影)。

 運転の見合わせは、浜松~豊橋間の上下線で、午前8時30分から9時30分ごろまでを予定。これにより運休になる列車はありませんが、以下の列車に最大で40分程度の遅れが見込まれます。

●下り列車(合計30本)
・東京駅を7時30分に発車する「のぞみ11号」から「のぞみ27号」までの列車(計15本)。
・東京駅を7時03分に発車する「ひかり461号」から「ひかり469号」までの列車(計8本)。
・東京駅を6時56分に発車する「こだま633号」から「こだま645号」までの列車(計7本)。

●上り列車(合計24本)
・新大阪駅を7時30分に発車する「のぞみ108号」から「のぞみ6号」までの列車(計11本)。
・新大阪駅を7時17分に発車する「ひかり508号」から「ひかり462号」までの列車(計6本)。
・新大阪駅を7時43分に発車する「こだま638号」から「こだま646号」までの列車(計3本)。
・名古屋駅を8時00分(始発)に発車する「こだま634号」から「こだま644号」までの列車(計4本)。

 JR東海によると不発弾の処理が予定通りに進んだ場合、12時30分ごろには遅れが回復する見込みとのこと。また運転見合わせになる前に、上下1本ずつ臨時「のぞみ」が運転されます(東京7時13分発「のぞみ297号」、新大阪6時57分発「のぞみ294号」)。

 在来線の東海道本線・浜松~舞阪間でも、一部の列車が部分運休。遅れが発生する可能性もあるそうです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 聞いた話だが、浜松は攻撃目標で爆弾を投下できなかった爆撃機が、帰路に爆弾を処分するために投下する場所と指定されていたというのがある。
    つまり、本来の爆撃+処分する爆弾の泣きっ面に蜂だ。