山陽新幹線の全トンネルで携帯電話通信が可能に JR西日本

山陽新幹線の峠山トンネル~小倉間で携帯電話通信サービスの提供が始まります。これにより全線で携帯電話の通信サービスが利用できるようになります。

新大阪~博多間の全線で利用可能に

 JR西日本は2016年12月21日(水)、山陽新幹線の峠山トンネル(山口県宇部市、新山口~厚狭間)から小倉駅までの区間で、新たに携帯電話の通信サービスの提供を始めると発表しました。

161221 jrwsanyokeitai 01
2016年12月22日から山陽新幹線の峠山トンネル~小倉間で携帯電話通信サービスの提供が始まる(画像出典:JR西日本)。

 現在、山陽新幹線は新大阪駅から瓜生野トンネル(峠山トンネル手前)までの区間において、トンネル内でも携帯電話の電波が届くサービスが提供されていますが、今回の区間追加により、全線(新大阪~博多)のトンネル計142本で携帯電話の通信サービスが利用できるようになります。

 通信サービスの提供は12月22日(木)の始発列車から。サービス提供事業者はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクです。

 なお、北陸新幹線では、新潟県と富山県の境に位置する新親不知トンネルの西側から、終点の金沢駅までの区間において、携帯電話の通信サービスが利用できるよう工事が進行中です。サービス開始時期は決定次第告知されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント