ズバリ「幸運な名前」の運輸課長を探せ! 体を張った受験生応援プロジェクト実施 JR九州

JR九州の久留米鉄道事業部が受験生応援プロジェクトを実施します。幸運のカギは運輸課長その人。駅に出没する運輸課長を見つけると、「いいこと」があります。

「受験生です」の声かけでプレゼントが

 JR九州の久留米鉄道事業部は2017年1~2月の受験シーズンに、運輸課長を中心とした「受験生応援プロジェクト」を展開します。

 その運輸課長は大吉英高(おおよし・ひでたか)さん。「大吉(だいきち)」という「幸運な名前」(JR九州)にあやかって、「大吉(だいきち)くんを探せ!」と呼ばれる企画が実施されます。

161228 jrqdaikichikun 01
久留米鉄道事業部の運輸課長「大吉くん」のイメージ。目がぱっちりで子どもが大好きという(画像出典:JR九州)。

 具体的には、2017年1月13日(金)から2月25日(土)の期間中、受験生が久留米駅や日田駅、大牟田駅など久留米鉄道事業部の駅に出没する「大吉くん」を見つけて「受験生です」と声を掛けると、「大吉印特製幸運袋」とシャープペンシルまたはボールペンが先着100人に進呈されます。幸運袋には、車輪の空転を防ぐために線路にまく“滑り止め”の砂と、学問の神様、菅原道真を祀る日吉神社(福岡県久留米市)の砂が入っています。

 JR九州によると、「大吉くん」は身長165cm、体重75kg。体型は「ぽっちゃり」で、特徴は「おっさん」とのこと。「さあ!合格を目指して『大吉くん』を探しに行こう」といいます。

 久留米鉄道事業部の各駅長は「『大吉くん』に負けられない」と、オリジナルの絵馬を駅に用意。記入された絵馬は後日、日吉神社に奉納される予定です。さらに各駅長と「大吉くん」は、センター試験直前の1月12日(木)、日吉神社にて合格祈願を行います。

 このほか、一部駅の「みどりの窓口」およびJR九州旅行支店では「幸運袋」のプレゼントが、久留米駅では“枯れても花が落ちにくい”カーネーションの展示などが実施される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント