昭和の街並み再現した「市電シミュレーター」で運転体験も 横浜市電保存館がリニューアル

かつて横浜の街を走った横浜市電を保存、展示する「横浜市電保存館」がリニューアルオープン。実車展示のほか、運転体験が楽しめるシミュレーターなども新設されました。

7両の市電実車を保存

 一般財団法人 横浜市交通協力会は2016年12月27日(火)、横浜市磯子区の「横浜市電保存館」を2017年1月28日(土)正午にリニューアルオープンすると発表しました。

「横浜市電保存館」は、1972(昭和47)年まで約70年にわたり横浜の街を走った横浜市電を保存する施設として、1973(昭和48)年、滝頭(たきがしら)車両工場跡に開設されました。実際に走っていた電車や電動貨車など7両が展示されています。

161229 yokohamashiden 01
左上から時計回りに、歴史展示コーナー、市電シミュレーター、「しでんほーる」外観、Nゲージ鉄道模型(写真出典:横浜市交通局協力会)。

 今回のリニューアルでは新たに、パネルや実物資料による歴史展示コーナー、昭和40年代の街並みを再現したCGで市電の運転体験が楽しめる市電シミュレーター、市電や地下鉄にまつわる11の映像が見られるシアターなどが設けられました。リニューアルを記念したパネル展示やトークショー、2月以降は多目的ホール「しでんほーる」での連続講座なども予定されています。

 なお、リニューアルオープン当日から入館料が、大人は100円から300円に、子供(3歳~中学生)は50円から100円に改定されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント