マツダ、年内に新型SUV投入か 巻き返し図る2017年、新型「アテンザ」も?

マツダの2016年は大苦戦でしたが、同年12月には世界市場で売れ筋の「CX-5」がフルモデルチェンジしました。巻き返しを図る2017年、新たなSUV投入やフラグシップカーの新型発表も期待できそうです。

マツダ、巻き返しの年になるか

「デミオ」や「アクセラ」「CX-3」などの新世代商品群が好評のマツダですが、2016年1月から11月までの国内販売台数は19万686台と、前年比18.3%減という厳しい結果でした。2016年の年間国内販売台数は2017年1月末に発表されますが、それを見ずとも「SKYACTIV(マツダのエンジン、シャシーなどに関する要素技術の総称)」をフルに採用した新世代商品群投入後、初の大苦戦の年になったことはいうまでもありません。これには、やはり一昨年の「ロードスター」発売以降、新世代商品群の新型車がなかったことが大きく影響していると考えられます。

 その巻き返しの一手として期待されるのが、2016年末に発表された新型「CX-5」です。

170105 mazda2017 01
マツダ「CX-5」は、同社年間販売台数の約4分の1を占める(写真出典:マツダ)。

 初代「CX-5」は新世代商品群の第1弾として2012(平成24)年に投入され、グローバルで140万台以上の販売を記録し、マツダの年間販売台数の約4分の1を占めるまでになりました。

 また新型「CX-5」は、大きな成果をもたらした第一世代の新世代商品群で熟成された「SKYACTIV」テクノロジーのすべてをつぎ込んで開発したモデルだけに、マツダの自信と期待もうかがえます。

 これ以外にも2017年のマツダでは、新型SUVの投入が期待されます。噂になっているのが、新提案の3列シートを備えたSUV。すでに海外では、3列シートの7人乗り大型SUVモデルである「CX-9」がありますが、こちらはボディサイズが大きいこともあり、これとは異なるモデルが国内市場へ投入される可能性が高い様子です。さらに中国で発売済みの、クーペライクなスタイルを持つクロスオーバーSUVである「CX-4」の投入もあるかもしれません。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. マツダのディーゼル発想はいいんですけどね、私は日本の軽油を信用してないもんで、