中も外も「黄金特急」まもなく登場 ニュータウン再生の起爆剤になるか?

ニュータウン再生へ、鉄道はどんな手を打てるのか?

 元々、泉北高速鉄道は大阪府などが出資する「大阪府都市開発」という第三セクター会社でしたが、2014年7月に民営化され、大手私鉄の南海電鉄グループに属する「泉北高速鉄道」になっています。

 泉北高速鉄道はこれまで、沿線への新たな人口流入につながるよう、南海線との乗り継ぎ割引を拡大する、通学定期券を約25%値下げする、和泉中央~難波間を最速29分で結ぶ全車指定席の通勤特急「泉北ライナー」を運転する、区間急行を増発するといった施策を行ってきました。

 そして2016年10月、南海電鉄と泉北ニュータウンが位置する堺市が協定を締結。泉北高速鉄道と南海電鉄にまたがって通学する堺市民に対し、1日あたり48円を補助する制度を2017年1月から開始しました。これら施策について泉北高速鉄道は、「南海電鉄グループの一員となったことを生かしたもの」といいます。

 また、堺市では「泉北ニュータウン再生指針」を定め、住宅家賃補助や子育て支援制度のほか、団地の2戸を1戸に結合する住宅リノベーション「ニコイチ」、戸建て住宅のリノベーションなどによる新たなライフスタイル「泉北スタイル」を提案するなどして街の魅力を高め、新たな住民の呼び込みを目指しています。

Large 170121 senboku 04
12000系のマークは沿線の4ニュータウン(泉ヶ丘、栂、光明池、トリヴェール和泉)を表す。泉ヶ丘と栂、光明池の3地区が泉北ニュータウン(2017年1月、恵 知仁撮影)。

 泉北ニュータウンでは2023年に近畿大学医学部、附属病院が移転してくる予定で、新たな発展の契機になることが期待されています。このたび登場する「黄金の特急電車」12000系も泉北高速鉄道の願い通り、ニュータウン活性化の起爆剤になるでしょうか。そのデビューは2017年1月27日(金)、和泉中央16時33分発の難波行き特急「泉北ライナー66号」です。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 単にひと時の贅沢求めて乗りたい電車を作りました!じゃだめなのかな…そんな仰々しい話だと却って「またちょっと補助金使ってしまいました。めんご」みたいに感じる。

  2. めんごと頭下げて殿様電車でびゆう

  3. 大阪人がやりそうな事。アホらしくて気持ち悪い。

  4. 一度乗ってみたいですね。

    また、どうせなら和泉中央から先関空まで延長してくれれば良いのに。

    • >和泉中央から先関空まで延長してくれれば良いのに。

      南海子会社になったんだから、親会社の首絞めるようなことやるわけがないでしょ。

  5. ちと悪趣味だなあ。

    ゴールドと青が真逆のバターンだったら、まだ印象変わった気するがね。

    • ちなみに、どうせ12000系にしたんだったら泉北版8300系4連もつくって、サザンと同じように自由席付きで運転すりゃいいのに。

      泉北ライナーが走るせいでその間区急や準急が間引かれるから、意外にニュータウンの住民からの評判最悪だってことを理解してねえな。