中も外も「黄金特急」まもなく登場 ニュータウン再生の起爆剤になるか?

金色の内外装を持つ特急車両が泉北高速鉄道に登場。派手な金色というデザイン、その背景にはある社会的な課題が存在していました。鉄道会社はその課題に対し、何ができるのでしょうか。

中も外も金色

 まもなくの2017年1月27日(金)、内外装が金色の特急用車両がデビューします。大阪府の堺市にある中百舌鳥(なかもず)駅と、和泉市にある和泉中央(いずみちゅうおう)駅のあいだ14.3kmを結ぶ、泉北(せんぼく)高速鉄道の12000系電車です。

170121 senboku 01
金色に包まれた泉北高速鉄道の新型特急車両12000系電車のデッキ部分(2017年1月、恵 知仁撮影)。

 この12000系は、和泉中央駅と南海電鉄線の難波駅を結ぶ通勤特急「泉北ライナー」用のもので、車内へ入ると、乗降扉のあるデッキ部分は壁がほぼ金色。隣の車両へ続く通路も金色です。泉北高速鉄道によると、特急車両としての「非日常」を演出する意図があるといいます。

170121 senboku 02
泉北高速鉄道12000系は、特急「サザン」として使用されている南海電鉄12000系をベースにするが、外装は大きく異なる金色になった(2017年1月、恵 知仁撮影)。

 外装デザインも金色が基本で、そこに青と黒のラインを施した「きらびやかな外装」(泉北高速鉄道)にしたそうです。

 泉北高速鉄道12000系電車がここまで金色になって登場したことには、ある理由が存在しています。大阪の鉄道会社だから豊臣秀吉の「黄金の茶室」にちなんだ、というわけではありません。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 単にひと時の贅沢求めて乗りたい電車を作りました!じゃだめなのかな…そんな仰々しい話だと却って「またちょっと補助金使ってしまいました。めんご」みたいに感じる。

  2. めんごと頭下げて殿様電車でびゆう

  3. 大阪人がやりそうな事。アホらしくて気持ち悪い。

  4. 一度乗ってみたいですね。

    また、どうせなら和泉中央から先関空まで延長してくれれば良いのに。

    • >和泉中央から先関空まで延長してくれれば良いのに。

      南海子会社になったんだから、親会社の首絞めるようなことやるわけがないでしょ。

  5. ちと悪趣味だなあ。

    ゴールドと青が真逆のバターンだったら、まだ印象変わった気するがね。

    • ちなみに、どうせ12000系にしたんだったら泉北版8300系4連もつくって、サザンと同じように自由席付きで運転すりゃいいのに。

      泉北ライナーが走るせいでその間区急や準急が間引かれるから、意外にニュータウンの住民からの評判最悪だってことを理解してねえな。