西鉄の特急、大橋駅に停車へ 1日約60本が新たに停車 8月ダイヤ改正

西鉄天神大牟田線が2017年8月にダイヤ改正を実施。特急列車が新たに大橋駅に停車するようになります。

駅施設の改修も予定

 西日本鉄道は2017年1月26日(木)、天神大牟田線のダイヤ改正を今年8月に行い、その際に大橋駅(福岡市南区)を特急停車駅に加えると発表しました。

 これにより大橋駅には1日あたり上下約60本(平日)の特急列車が新たに停車。急行列車とあわせておよそ10分間隔になります。

 また、大橋駅で特急に乗り換えられるようになることで、二日市駅以南の特急停車駅と大橋、高宮、西鉄平尾間の所要時間が最大12分短縮されます。

 大橋駅は1924(大正13)年4月に開業。1日あたりの平均乗降人員は3万5355人(2015年度)で、天神大牟田線のなかでは西鉄福岡(天神)駅、薬院駅に次いで3番目に多い駅です。現在は普通列車と急行列車が停車しています。

170126 nishitetsuohhashi 01
大橋駅施設外観の改修後イメージ(画像出典:西日本鉄道)。

 西日本鉄道によると、大橋エリアは商業、公共、文教施設などが充実し、都心部へのアクセスにも優れていることから人気の居住エリアになっており、同社沿線のなかでも重要な事業エリアのひとつといいます。今年3月からは駅施設の改修にも着手。大橋エリアのさらなる価値向上に取り組んでいくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント