地球を狭くしたふたり ジェットエンジン誕生80周年、その発明者とは

注目皆無 最初のジェットエンジンは時代の先を行きすぎた?

 ホイットルはいまからちょうど80年前の1937(昭和12)年4月12日に、「ホイットル・ユニット」と呼ばれる世界初のジェットエンジンの運転に成功しました。のちに航空の歴史を一変させてしまうこの偉大なる発明に対し、世間は信じられないほど注目しませんでした。

 実は1931(昭和6)年、ホイットルは24歳の時に原始的なジェットエンジンである「ターボジェット」の特許を取得していました。ところが、特許の更新費用が払えずこれを失効してしまっていたほどで、せいぜい時速300km程度のレシプロ機が当たり前の時代に、誰も超音速飛行すら可能なジェットエンジンのポテンシャルを理解できず、ありていに言えば無視されていました。1937年の初実験も、資金を集めてようやく達成することができたほどなのです。

Large 170126 jet 02
30代半ばのフランク・ホイットル(写真出典:British Government [Public domain], via Wikimedia Commons, https://goo.gl/vF1t0P)。

 一方で運が良かったのは、ドイツ人のハンス・フォン・オハインです。オハインはホイットルのことをまったく知らずに、やや遅れてターボジェットを発案。ドイツの航空機メーカー大手ハインケル社社長がその価値を見抜き、ホイットルの成功からわずか4か月半後にオハインもまたジェットエンジンを「発明」しました。この時オハインはまだ25歳でした。

 こうした事情から、実際に飛行機に搭載しての試験飛行はオハインが先んじました。1939(昭和14)年8月27日、第二次世界大戦勃発の5日前に、オハインのエンジンを搭載した史上初のジェット機、ハインケルHe178が初飛行を成功裏に実施しています。

 ホイットルのエンジンを搭載したグロスターE.28/39が初飛行したのは1941年5月15日であり、オハインより2年弱も後れをとってしまいました。そのため「最初のジェットエンジンの発明者」はホイットルですが、「ジェット機の発明者」はオハインであり、現代ジェット機の発明者はふたりであるといえます。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. V-1(Fi103)も最初期のジェット機だと思うのですよね。ターボジェットではなくパルスジェットの無人機(ミサイル)だけど。