「ICOCA」「ICOCA定期券」関西の鉄道・バス11社局で3月から順次発売開始

「ICOCA連絡定期券」の発売も

 神戸新交通では、定期券は「ICOCA」ではなく引き続き「PiTaPa」で発売されます。ただし神戸市営地下鉄と神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)をまたがって利用する場合は、神戸市交通局の発売窓口で「ICOCA連絡定期券」として購入が可能です。

 京都市交通局と神戸市交通局では、バスも一部の区間や経路などを除き「ICOCA定期券」の発売区間に含まれます。一方、大阪市交通局ではバスおよびバスと地下鉄、ニュートラムを乗り継ぐ「ICOCA定期券」は発売されません。

 各社局により範囲が異なりますが、利用区間が他社局にまたがる「ICOCA連絡定期券」も発売されます。ただし大阪市交通局では「ICOCA連絡定期券」の発売はなく、導入については今後、各社と検討、協議を進めていくとしています。

 原則、磁気定期券は「ICOCA定期券」に変更できます。「ICOCA」カードを持ってない場合は、デポジット(預かり金)500円が別途必要です。

【了】

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

この記事の写真一覧

最新記事

コメント