「アンパンマン列車」5種類が走るジオラマも 高知駅に「ひろば」新設 JR四国

2017年3月、JR四国が高知駅に「アンパンマン列車ひろば」がオープンします。メインオブジェとして、5種類の「アンパンマン列車」が走るジオラマが設置される予定です。

15分に1度、列車が走り出す

 2017年3月中旬、JR四国が高知2階に「アンパンマン列車」の世界観を表現した「アンパンマン列車ひろば」をオープンします。

 今年4月から開催される大型観光キャンペーン「四国デスティネーションキャンペーン」の開催を機に、JR四国が目標にしている「鉄道による、四国におけるアンパンマンワールドの構築」の一環として、「アンパンマン列車」を象徴する空間を高知駅に設置。『それいけ!アンパンマン』や鉄道が好きな親子連れの来場を見込みます。

「ひろば」の中央に設置されるメインオブジェのイメージ。鉄道模型の「アンパンマン列車」5種類が走る(画像出典:JR四国)。

「ひろば」の利用時間は駅の営業時間と同じ、早朝4時30分から23時までです。中央にはシンボルとして、「土讃線アンパンマン列車」「予讃線8000系アンパンマン列車」「予讃線宇和海アンパンマン列車」「ゆうゆうアンパンマンカー」「アンパンマントロッコ」の5列車が走るジオラマが設置されます。15分に1度、アンパンマンとばいきんまんの開始合図で、ジオラマの「アンパンマン列車」5本が一斉に動き出す仕組みです。これを使った予約制の誕生日イベント「バースデータイム」も行われます。

 このほか、記念撮影ができるフォトスポット、「アンパンマン列車」やイベントなどの情報を発信するコーナーも設けられる予定です。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント