パイオニアとHERE、自動運転時代に向け高精度地図や位置情報サービスで提携合意

パイオニアとオランダのHERE社が、高精度地図サービスなどの提携に合意しました。自動運転時代を見据えての協業といいます。

両社の地図データを相互利用

 パイオニアとHERE社(オランダ)は2017年2月8日(水)、それぞれが保有する地図と自動車関連技術を組み合わせ、グローバルな高精度地図ソリューションと、次世代位置情報サービスにおいて、戦略的な提携を進めていくことに合意したと発表しました。

 今回の合意は、これまで両社で進められてきた、パイオニアの「3D-LiDAR」センサー技術を活用して自動運転用地図の更新、運用を行う「データエコシステム」の開発検討に続くものです。

170209 herepi 01
HERE社とパイオニアの新しい協業イメージ(画像出典:パイオニア)。

 HERE社は、パイオニアの100%子会社であるインクリメントPが保有する日本の地図データを利用。一方、パイオニアはHERE社の地図データを利用し、海外の顧客向け製品やサービスを展開していく計画です。

 また、自動運転用の高精度地図を制作している両社は、自動車をはじめさまざまな業界のニーズに対応する世界共通の高精度地図ソリューションの実現を目指すとしています。

 さらに、パイオニアの市販用デバイスで測定したデータを利用する次世代位置情報サービスを構築し、2018年中の市場導入を目指すことも検討されています。

 パイオニアの代表取締役兼社長執行役員の小谷 進さんは「来る自動運転時代を見据えた“データエコシステム”の構築を目指して両社が知見や技術を持ち寄ることで、新しい価値を生み出すことができると確信しています」と述べています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント