舞鶴若狭道「敦賀南スマートIC」、3月オープン NEXCO中日本

舞鶴若狭道にETC専用の敦賀南スマートICが、2017年3月25日に開通します。

舞鶴若狭道初のスマートIC

 NEXCO中日本金沢支社と敦賀市が約25億円をかけ整備してきた、舞鶴若狭道の敦賀南スマートICが、2017年3月25日(土)に開通します。

170210 tsuruga 01
舞鶴若狭道・敦賀南スマートICの位置図(画像出典:NEXCO中日本)。

「スマートIC」とはETC専用のIC(インターチェンジ)で、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バス停などから乗り降りができるよう設置されるものです。利用車両が限定されることから簡易な料金所の設置で済み、料金徴収員も不要なため、従来のICに比べて低コストで導入できるなどのメリットがあります。

 今回の敦賀南スマートICは、福井県内の高速道路で初めてになる本線直結型スマートICだそうです。これまで若狭美浜IC~敦賀IC間の距離は14.1kmでしたが、敦賀南スマートICの開通により、若狭美浜IC~敦賀南スマートIC間が6.3km、敦賀南スマートIC~敦賀IC間が7.8kmになりました。

 NEXCO中日本によると、高速道路へのアクセスが強化されるのはもちろん、「市外からのアクセス性が向上することによる、観光や産業の振興による地域の活性化」「車の流れが分散されることで、一般国道27号を中心とする幹線道路の渋滞が緩和」「急病や事故の際、福井市や小浜市にある高度医療施設へ短時間で搬送可能」「周辺住人は市外に外出する場合、混雑する市内を通過せずにすぐ舞鶴若狭道を利用できるようになる」といった整備効果が見込まれるといいます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. それより舞鶴若狭道は全線4車線化して加斗PAや舞鶴PAの施設を充実した方が良いと思います。
    あそこは休日の渋滞が物凄く酷いのでその対策を含めて全線4車線化した方が良いと思います。