東名高速「三方原スマートIC」、3月オープン NEXCO中日本

東名高速道路にETC専用の三方原スマートICが、2017年3月18日に開通します。

東名高速三方原PAにスマートIC開通

 NEXCO中日本東京支社と浜松市が整備してきた、東名高速の三方原スマートICが、2017年3月18日(土)に開通します。

170210 mikata 01
東名高速・三方原スマートICの完成予想図。三方原パーキングエリアに設けられる(画像出典:NEXCO中日本)。

「スマートIC」とはETC専用のIC(インターチェンジ)で、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バス停などから乗り降りができるよう設置されるものです。利用車両が限定されることから簡易な料金所の設置で済み、料金徴収員も不要なため、従来のICに比べて低コストで導入できるなどのメリットがあります。

 三方原スマートICは、もともとあった三方原パーキングエリアに設けられました。これまで浜松IC~浜松西IC間の距離は10.5kmでしたが、三方原スマートICの開通により、浜松IC~三方原スマートIC間が4.9km、三方原スマートIC~浜松西IC間が5.6kmになりました。

 NEXCO中日本によると、高速道路の利便性が高まるほかにも、「周辺住宅地や浜松市の中心市街地、浜北新都市地区から高速道路へのアクセス性が向上するとともに、既存インターチェンジの混雑が回避される」「物流の効率化が図られ、既存企業の発展や新規の企業立地促進、雇用機会の拡大といった地域の活性化に寄与することが期待できる」「大規模災害時の救急・救援・支援活動の迅速化が期待される」といった整備効果が見込まれるといいます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント