JR四国の新型特急車2600系「空気の力で高速走行」を選んだワケ

世界で初めて「気動車で振り子」を実現したJR四国。しかし新しい特急車両では、「振り子装置」ではなく「車体傾斜装置」を採用しました。そこにはいくつもの利点があるといいます。

革新的だった先代の特急車両

 2017年秋のデビューが予定されている、JR四国の新しい特急形気動車(ディーゼルカー)2600系。1989(平成元)年に登場し、現在は特急「しまんと」や「宇和海」などで使用されている2000系特急形ディーゼルカーの老朽置換え用として新製されたものです。

 1989年に登場した2000系ディーゼルカーは、革新的な車両でした。線路のカーブに合わせて、車体をカーブの内側へ傾斜させることで乗客へ働く遠心力を抑え、高速でカーブを通過しても乗り心地を維持できる「制御付き自然振り子装置」を、気動車として世界で初めて実用化したのです。2000系は最大で5度、車体を傾斜できます。

170218 2600 01
2017年秋にデビュー予定のJR四国2600系特急形ディーゼルカー。「空気バネ式車体傾斜装置」を採用(2017年2月、恵 知仁撮影)。

 しかしこのたび登場する2600系には、同じ「乗り心地を維持したままカーブを高速で通過する」という目的で、2000系の「制御付き自然振り子装置(以下、振り子装置)」ではなく、「空気バネ式車体傾斜装置(以下、車体傾斜装置)」が採用されました。車体と台車(車輪のある部分)のあいだに存在する、風船のような「空気バネ」という、いわば“クッション”に空気を入れたり抜いたりすることで車体を左右に傾けるもので、2600系は最大で2度、車体を傾斜可能です。ちなみに東海道・山陽新幹線のN700系など、「車体傾斜装置」を採用する車両は近年、しばしば見られます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. >「制御付き自然振り子装置(以下、振り子装置)」ではなく、「空気バネ式車体傾斜装置(以下、車体傾斜装置)」が採用されました。

    「車体傾斜装置として、自然振り子式ではなく、空気バネ伸縮式が採用されました。」くらいが適切では。

    車体傾斜装置の一つの方式として自然振り子式があり、同列に空気バネ式がある。また、制御はどちらも掛けている。日本国内の鉄道不安の皆さん、振り子式を特別扱いしすぎ。