JR四国に約30年ぶり完全新型ディーゼル特急車2600系登場 全席コンセント、充実トイレ、車体傾斜

JR四国が、約30年ぶりとなる完全新型の特急形ディーゼルカー2600系を製造しました。全席にコンセントを備える、充実機能のトイレを設置するなど、特に快適性で大きく進化しています。

1両900馬力 車体は2度傾斜

 JR四国が2017年2月17日(金)、新しい特急形気動車(ディーゼルカー)2600系を報道陣へ公開しました。現在は特急「南風」や「しまんと」などで使用されている、1989(平成元)年にデビューした2000系特急形ディーゼルカーの老朽置換え用として新製されたもので、JR四国の特急形ディーゼルカーとしては、約30年ぶりの完全新型車両になります(マイナーチェンジ車両を除く)。

JR四国の2600系特急形ディーゼルカー。車体はアルミ(先頭部は鋼製)で、列車のマークを表示する装置を前面に備える(2017年2月、恵 知仁撮影)。

 デザインのコンセプトは「Neo Japonisme(ネオジャポニズム)」。日本の伝統意匠を現代風にアレンジし、「安らぎ」と「先進性」をあわせ持つ特急車両にしたといい、外観は、四国の豊かな自然「青と緑」に映えるディープレッドが基調。吉兆の伝統配色「赤と金」で“次世代の特急列車”を彩ったそうです。JR四国の担当者は「四国の緑に赤い列車が映える走行シーンを楽しみにしてほしい」と話します。

 ディーゼルエンジンは450馬力のものを1両あたり2基搭載。最高速度は120km/hです。また「車体傾斜装置」という、車体を傾けることで乗り心地を維持しつつ、カーブを高速で通過できるようにするシステムも搭載。車体の傾斜は最大2度ですが、「振り子装置」というまた別の機構を用い車体を5度傾けていた従来の2000系ディーゼルカーと同等の速さでカーブを通過でき、かつ、機構の簡素化によるコストの削減などを実現しているそうです。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 2000系の後継車両がようやっとという感じ。大幅なスピードダウンは避けられそうでほっとしたが、深刻な人口減の地域の運用にどう採算をとるのか注目したい。
    ただ、この状況下では毎年2〜3%の利用者減位だったら御の字だろう。
    海外利用者等を見込んだとしても。

  2. 例によって既視感ありありの新車ですな。
    台所事情が露骨に分かるだけに涙さえ禁じ得ない。

  3. 経営難のJR四国を応援する一番簡単な方法は「切符を四国で購入する事」だと思います。
    何故なら、JR他社から発券手数料が支払われるからです。
    ですから、松山等で東京~大阪間の出張に使う切符を購入するだけでも応援になります。
    また、復路だけ四国内購入でも応援になります。

    • そのような考えもあり、
      今年の3月四国の少し地方にある駅まで行って青春18切符を買いました。

  4. アルミと書いてますがステンレスの間違いでは

  5. かなりの重装備になっている気がします。
    床下パンパン、屋根上も…
    ハイブリッド(多分?)に450PS×2は要りますかね??
    量産タイプでは大いにダイエットするんでしょうか。

  6. 前世代の振り子式も車体傾斜の方式の一つでしかない。別の機構と言うのは変。経営難の国鉄が「(会社が)傾く」という言葉を使いたくなくて、健全経営に戻る期待で「振り子」だけを広めたのではないのかな。結局戻らず分割民営化されたけど、JR四国はどうなるかな?

  7. 新車投入で利用者が増えたらいいなぁ・・・高速バスは安いけど、何かと窮屈で座席を倒すのも気を使うし、特に高齢者は疲れて敬遠されがちだし。今の時代のニーズに合った車両だと思います!