蓄電池電車「ACCUM」、男鹿線で3月4日から営業運転開始 JR東日本

2017年3月4日から、秋田~男鹿間で蓄電池を搭載したEV-E801系電車「ACCUM」が営業運転を開始します。

秋田~男鹿間を1日2往復

 JR東日本秋田支社は2017年2月17日(金)、交流用蓄電池電車のEV-E801系「ACCUM(アキュム)」が、ダイヤ改正日である3月4日(土)から営業運転を開始する発表しました。該当列車と運転区間は次のとおりです。

●下り
・秋田発8時43分→男鹿着9時40分
・秋田発13時39分→男鹿着14時38分
●上り
・男鹿発10時24分→秋田着11時22分
・男鹿発15時38分→秋田着16時39分

170220 jreaccum 01
EV-E801系電車の外観。赤色と青色の2両で1編成を組む(写真出典:JR東日本秋田支社)。

 デビューの3月4日(土)午前10時10分からは、男鹿駅で出発式を開催。JR東日本秋田支社長や男鹿駅長、男鹿市長らが出席し、テープカットや出発合図、秋田県立男鹿海洋高校郷土芸能部の「なまはげ太鼓」による見送りなどが行われます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 遂に男鹿線でも春のダイヤ改正にてACCUM1往復営業運行開始ですか。因みに烏山線はキハ40形1000番台が引退し、春のダイヤ改正からは全てACCUMに統一されての運行となりますね。