元東急の「7111+7212号車」編成、2月25日引退 福島交通

福島交通飯坂線を走る7000系電車のうち、「7111+7212号車」編成が2017年2月25日をもって引退します。

飯坂線を走って25年

 2017年2月25日(土)、福島交通(福島市)の飯坂線を走る7000系電車のうち、「7111+7212号車」編成が引退します。

170221 fuku7000 01
2017年2月25日をもって引退する「7111+7212号車」の編成(画像:福島交通)。

 飯坂線は福島駅(福島市)と飯坂温泉駅(同)を結ぶ9.2kmの鉄道路線です。1991(平成3)年、架線(線路上の電線)の電圧を750ボルトから1500ボルトに昇圧した際、東急電鉄の7000系16両が同線に導入されました。

 現在も主力車両としてこの7000系が使われていますが、2016年の夏には「7109+7210号車」が解体され、同年秋には新車両1000系電車(元東急1000系)の搬入が行われています。今回の廃車も、この置き換え事業の一環です。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント