新観光列車「ザ ロイヤルエクスプレス」その味は? 東急「自由にやってOK」

「ザ ロイヤルエクスプレス」の料理、試食

 2017年3月1日(水)に実施された、「ザ ロイヤルエクスプレス」料理監修者の発表会。実際に提供される料理はまだ検討中であるため、それをイメージしたものが報道陣へ用意されましたが、そこで山田さんが見せてくれたのは、静岡のワサビやサクラエビ、トマト、タタミイワシなど、列車が走る静岡の味覚がふんだんに盛り込まれたものでした。

Large 170308 royal 02
山田チカラさんが用意した、「ザ ロイヤルエクスプレス」で提供するものをイメージした料理(2017年3月、恵 知仁撮影)。

 山田さんは「観光列車の食事ではなく『山田チカラ』の2店舗目を作る意気込みでやります。ぜひ楽しんで静岡県食材を知ってもらえれば」と話します。

 もうひとりの料理監修者、大分市で創作和食料理店「方寸」を構える河野美千代さん(大分県出身)は、大地から育まれた食材に向き合い、「食」と受け継がれる「文化」を提案している人物。「和」にこだわらない創意工夫で、「食」に関する商品開発のコーディネイト、監修も手がけています。

Large 170308 royal 03
河野美千代さんが用意した、「ザ ロイヤルエクスプレス」で提供するものをイメージした料理(2017年3月、恵 知仁撮影)。

 河野さんは「昭和35年ぐらいの料理を作れば、日本人はみな元気になるのでは」と考えているといい、「ザ ロイヤルエクスプレス」料理監修者の発表会で見せてくれたメニューも半熟卵や梅干しの入ったおにぎり、漬物といった、ホッとするものでした。

 ちなみに山田さんによると、料理について東急電鉄から「自由にやってください」と言われているそうで、実際の車内ではいったいどんなメニューが出てくるのか、楽しみなところです。

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント