JR高速バス予約サイト「高速バスネット」リニューアル 予約までの操作短縮

JR高速バスの予約サイト「高速バスネット」が、予約までの操作が短縮されるなどリニューアル。またこれにあわせキャンペーンも実施されます。

リニューアル記念のキャンペーンも実施

 JRバス関東とJR東海バス、西日本JRバスは2017年3月9日(木)、3社が運営する予約サイト「高速バスネット」を3月16日(木)午前5時にリニューアルすると発表しました。

 予約までの画面操作を大幅に短縮。ゆとりあるボタン配置や画面構成とされ、スマートフォンでも見やすく操作しやすいサイトに変わるといいます。

 空席照会画面では便ごとの車内設備や運賃が比較しやすくなり、また、座席選択画面では車内の位置をイメージしやすい配席図に変更。このほか、予約分の購入期限前日にメールを送信し、支払い忘れを防ぐ機能なども追加されます。

170310 kosokubusnet 01
「高速バスネット」リニューアル後の画面イメージ(画像:西日本JRバス)。

 リニューアルを記念し、キャンペーンも実施。3月16日(木)から4月15日(土)までの期間中、「高速バスネット」で1000円以上の乗車券をクレジット決済で購入した会員のうち、抽選で200人に5000円分のギフトカードがプレゼントされます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. どこが短縮か?相変わらず空予約の対策してねーな?空予約防止対策をシステム上で一切行わずなバスネット現金決済利用者を当日予約の利用から一括りに締め切り排除!システムでこれらをピンポイントで制限かけるように更新されたリニューアルかと思いきや?単なるペンキの塗り替え以下の駄作、日航と同じで機材、ここでは車両になるが代替え更新時期を見誤ると結局は公費投入か?バスなら利用者の不便、負担に直結するだけ、