都電荒川線の停留場ふたつに副名称を設定 3月26日使用開始

都電荒川線の熊野前停留場と荒川二丁目停留場に副名称が設定されます。

沿線の学校、施設が副名称に

 東京都交通局と首都大学東京、荒川区は2017年3月21日(火)、都電荒川線の停留場に副名称を設定すると発表しました。

 熊野前停留場(東京都荒川区)には「首都大学東京荒川キャンパス前」、荒川二丁目停留場(同)には「ゆいの森あらかわ前」の副名称が、3月26日(日)からそれぞれ設定されます。

170321 todenfukumeisyo 01
副名称が入った停留場名の表示イメージ(画像:東京都交通局)。

 首都大学東京荒川キャンパスは熊野停留場から徒歩3分。看護学科、理学療法学科、作業療法学科、放射線学科、人間健康科学研究科を擁する医療系の学部や大学院があります。

「ゆいの森あらかわ」は荒川二丁目停留場から徒歩1分。荒川区の中央図書館や「吉村昭記念文学館」「ゆいの森子どもひろば」が一体となった、新しい複合施設です。副名称設定と同日の3月26日(日)に開館します。

 ちなみに、荒川線ですでに副名称が付いている停留場も。東池袋四丁目停留場(東京都豊島区)は「サンシャイン前」、荒川一中前停留場(同・荒川区)は「ジョイフル三ノ輪前」です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント